脂肪は控えめに

脂肪をできるだけ控えるには、調理法だけでな く、食品選び、材料選びにも注意を払わなければ たりません。  たとえば肉です。同じ肉でも部位によって含まれ ている脂肪の量が違います。ロースやサーロインー ランプなどには多く含まれ、もも肉やヒレ肉、肩 肉などは比較的少ないのです。

鶏肉は、一般にはエネルギーが低いと思われてい ます。確かに、ささ身は肉類の中で最も低カロリ lなのでやせたい人にはおすすめできます。しか し、鶏といっても非常にエネルギーの高い部位も あります。鶏の皮がそれです。脂肪のかたまりと 考えていいほどで、食べてはいけません。

魚はその種類によって、脂肪の多い少ないがあり ます。一般的にひらめやかれい、たい、たらなど 白身の魚は脂肪が少ないので、こうした魚を選ぶ ようにします。

脂肪が多い食品を食べるとさの調理法

脂肪が多い食品を食べるときは、調理法を工夫し ます。油を使わないようにするために、蒸し焼き やフッ素樹脂加工のフライパンを使うようにしま す。網焼きもよい方法です。焼いている問に脂肪 が落ちて、材料の脂肪分を減らすことができます。

とかく見落としがちなのが、野菜サラダに使うド レッシングやマヨネーズです。これらには、非常 に多くの油が含まれています。やせるのに野菜を たくさん食べることはたいへんけつこうなのです が、ドレッシングやマヨネーズの使いすぎには気 をつけましょう。

外食ではこんなことに注意

どうしても脂肪の多い料理をとりがちなのが外食 です。できるだけ避けるに越したことはありませ んが、実際にはそうもいかないことが多いでしょ う。それでも、やはり1日に1回限りにしたいも のです。

外食料理を注文するときは、揚げ物メニューを 避けるのはもちろんですが、ラーメンやスパゲッ ティなどにも注意しなければなりません。これら のメニューの主な栄養素は炭水化物ではあるもの の、調理や味つけに油がたっぷり使われているか らです。一般的に、こうした単品ものより、焼き 魚や煮魚を主菜にした和風定食などを選んだほう が無難です。